映画の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30

久しぶりに羽を伸ばした私の39時間も夕べで終わりました。
カレー鍋めっちゃ美味かった~子供達も喜んで食べた(次はいつ食べれるのか。笑)
昨日はVさんから誘って貰い、ヘルウィンの残念会を兼ねて
朝からデートしてました(//∇//)(楽しい時間をありがとう!大変お世話になりました☆)
夜はhyちゃんの仮装が知りたくてウズウズしてましたが・・・
ラブログ様で生●げ??とか(笑)2006年のディスト新聞見たら感じが掴めるとか
いろいろ目にして妄想を膨らましたけど。
最後はヤンヤン様のイラストでやっと納得できました(爆)
hyちゃん。。ほんとに・・・なま●げみたいだ。。(笑)
あの衣装でも実際は綺麗なんでしょう!
そうだ!そうに違いない!!←自分に言い聞かせるskull
誰かそうだと言ってーー(笑)乳も透けてる事だしねっ!ビシッ!\_( ゚ロ゚)
もうhyちゃんの衣装の情報に今夜も翻弄されそぉ(≧∀≦)楽しみだわっ
K.A.Zさんのブラックジャックは、もう間違いない選択ですね~♪
髪型といい似合ってるに違いない!早く写真観たいな~

さて今日は、お昼から映画館に行ってきました。
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」
べ・・別にめざましTVに踊らされた訳じゃありませんよ(´∀`;A ←完全に踊らされた
1日に行こうかとも思ったんだけど、混むとインフルも怖いから
子供も学校で自由が利くから今日行きました。
案の定映画館は空き空きだったけど、やはり世代なのか平日もあってか
年齢層は結構高め白髪のおばあちゃんやおじいちゃんも居ました。

観た感想は。。。

凄く良かった。

リハ風景だけど曲はきちんと歌ってるし、生演奏だから迫力あるし
懐かしい楽曲や、マイケルの透明感のある素晴らしい歌声。
ギターは若くて可愛い女の子なのですが、凄く迫力があって
ソロのとこでは弾けもしないのに、観てて指に力が入ってしまうほど(´∀`;A
本当のライブを観ているかの様で、1曲終わる度に拍手しそうになったくらいでした。
オーディションに受かったダンサー達のインタビューから始まるのですが
小さい時から憧れだったマイケルと同じステージに立てるって人や
自分の生きがいはダンスしかないって人。そんな人達が難関を突破し
一流のステージの上に立つ事が出来る事に感動し涙ながらに話してます。

細かい演出を自分の感性で即座に伝えていく姿に、やはり頂点に立つって人。
アーティストに成れる人には、生まれ持った感性とか天性があるんだなと思いました。
人間だから良い噂ばかりでは無かったけど、人柄が本当に穏やかで
少し自分のイメージを強い口調で伝えてもその後のフォローが

「怒ってるんじゃないんだ。なんだ」と・・・

そんなだから、彼の周りは常に愛に溢れてて尊敬され慕われてる。
彼がライブで最後に伝えたかったメッセージは、 「地球を癒そう」
環境破壊に常に胸を痛めてたようですね。
誰かがやってくれるじゃなくて、1人1人が愛を持って自らが変わろうと。

このステージを成功させようと、本当に多くの人がマイケルの為に
一流のステージを作ろうとしてた長い時間の努力を垣間見て
彼の不運が本当に勿体無くて仕方ありません。
きっと1番心残りなのは、もちろんマイケル自身だと思います。
度重なる整形で彼の顔はすっかり変わり果ててしまったけど
演出の中でマイケル1人が立って、スポットライトがあたるシーンで
演出家の人が今照明が落ちて観客が・・みたいな事を言うんですけど
本当に一瞬なんだけど、その時の彼の顔が凄く良い顔なんですよ。
綴じた瞼の中に客席が見えるような・・きっと彼には今見えているんだなっていう。
世界の頂点のアーティスト。。改めて彼のご冥福を心からお祈り致します。

当時好きだった曲がたくさん聴けて、良かった~♪
ライブ用のスリラーの映像が、本当に素敵で楽しい~(ホラー具合が好み。笑)
ヘルウィン行けないけど、ここで味わえたじゃーん!って1人で思ってました(爆)
今夜はhyちゃんの仮装も、謎のゲストも凄く気になるけど(マリックだったってほんと?爆)
yo● tubeで1人マイケル祭りにしよう(笑)

Badの頃が一番カッコ良かった気がするけど、私の中でマイケルって感じなのは
やっぱり赤いジャケの・・今夜はBeat It(笑)

映画は2週間限定です。私的には1800円で凄いエンターテイメントな
ステージを観た!って感じでした。興味のある方は是非劇場で(笑)

スポンサーサイト

09/21

FAさんの日記・・とんでもない隠し玉がありましたね~(笑)
スタッフに肩車されるhyちゃん(*´∀`*)うはっ♪
しかしju-kenもかなり大きい人なのに、隣に居たアニスの背の高さが際立ちます

夕べはレイトショーで「おくりびと」を観てきました
めざましTVで試写会の模様が流れた時に、みんな凄い泣いてたので
どんなに感動するんだろう~(*゚∀゚)*と、無性に観たかったの。
行ってみたら意外と・・凄く・・コミカル!!(笑)
モックンこと、本木雅弘(世代がバレバレ。笑)の演技が、凄く良かった~
細かな表情とか動きが、面白過ぎ!!(>∀<)ノお風呂とかDVD作成とか(爆)
もちろん納棺の時の、家族との悲しい別れの場面もありますが
納棺の儀式をする時の、華麗な動作の美しいこと!
なのに悲しい別れの場面かと思いきや・・急に笑わせられたり(;^_^A
なんだか、油断のできない映画?(笑)
劇中のチェロの曲が映像と合っててまた泣ける(ノ_<。)
話の流れが良かったので、見入ってたらあっという間に終わっちゃった。
最後はちょっと話の筋が見えたりもするし、意外とサラ~っと終わってしまうんですが
久しぶりに良い映画を観たなー(*´∀`*)って感じでした。私は(笑)

結構年配の夫婦で観にきてる方が多かったです。
私の隣の方は、ずーっとすすり泣きしてました(;^_^A
家族や知り合いとの別れの時。悲しいというか・・結局は最後に愛情を感じました。
自分が、おくりだされる時・・誰かに「ありがとう・・」と言って貰えたら
そんな人生だったなら良いけどな。って・・思いました。
とは言うものの、日ごろの行いがついていけてませんけど( ̄∇ ̄;)トホホ

実際7年前くらいに、旦那のおばあちゃんが家で急に亡くなった時。
葬儀場の方が家に来て、女性の方だったかな?納棺の儀をしてくれました。
家族親戚に囲まれた中、綺麗に体を拭いてもらって清潔な着物を着せられ
お化粧して綿帽子みたいな物を被らされて、お嫁さんみたいな感じでした。
家族も1人1人体を綿で拭いてあげます。
そういえば私も「ありがとう」って言いながら拭いてたような気がする・・。
まだ小さかった娘も手紙を書いてお棺に入れたり。


その3年後くらいに、私の祖母も亡くなりましたが・・結構キツイ性格だったので
(;^_^A いつも子どもながらに、母が可哀相に思えて。
中学になった頃は凄く反抗もしましたが、共働きの親の代りに
お世話になった事を思うと、やはり最後の時は「ありがとう」って言えたなぁ。
生きてるうちに伝えられれば、一番良い事なんだけど。
心からの「ありがとう」って、普段は中々言えないですもんね(;^_^A

劇中で死と向き合う仕事をしてる人が、死とは門だと言ってました。
その人は新しい世界に送り出してあげるんだと。
生もまた門?産道を通って生まれてくる瞬間って・・
その新たな扉を開けるようなものなのかな(笑)

輪廻が本当にあるか分からないけど。。(;^_^A
死を怖がらない為に人間が考え出したことかも知れないけどね(笑)


産まれてくる子供を取り出すのも人の手なら
死に逝く者を送り出すのも人の手なんですよね。


本当に明るい納棺師のお話でした(笑)


チェロ奏者だった主人公が居た楽団のシーンで、第九が流れた時は
脳内にFAITHのHYDEが飛び出てきては、ゾク~っとして参りました(爆)



拍手ありがとうございました(*´∀`*)
追記にて拍手お返事です♪


03/01

らららライ!ライ!ライ!ライ!ライ!ヽ(´▽`)/きゃっほーぅ(意味なし)
今日は映画の日でございましたね。何か観なきゃと…
「ライラの冒険/黄金の羅針盤」観てきました(笑)
旦那と息子は「ワンピース」 こっちも今回はチョッパーの話だったんで
ちょっと観てみたかったんだけどな~中々感動したらしいです。
息子より旦那が目を真っ赤にして出て来た(笑

昨日は何とかBOXはウチの地元には、まったく関係のないお話でございましたので(笑
夜中に借りた映画観て遅くまで起きてました。
映画見終わった後も、HYソロチケが取れた嬉しさで中々寝付けず(笑)
結局3時頃眠りについたのに、急な凄い雷と雨風で外が騒がしかったので
イマイチ寝れませんでした(;^_^A
なので映画館で始まった途端に目が開けてられず…zzz(笑
物語の肝心な最初の部分は、うつらうつらしながら観てしまったー( ̄∇ ̄;)
暫く登場人物の関係がよく分からないまま、観るハメに(爆)

物語には触れませんけど、ニコールキッドマンの悪女っぷりが美しかった~
時間の関係で吹き替えで観たんですが、山口智子さんが吹き替えをしてました。
見所は鎧を着た白熊(笑)王の座を賭けて白熊同士が戦うところが凄ーい迫力!
デカくて強くて頼もしかったわ~。あと後半に出て来た魔女も素敵でした♪
主人公のライラちゃんが、小さいのにとても勇敢で頭が良い!
ある意味ずる賢いと言いましょうか、大人を上手く騙してましたよ(笑)
3部作なので、まだまだ次に続く形で話は終わりましたが、中々面白かったです。


そして映画の帰りに…お留守番だった娘に、何かお土産をと思って。
前から欲しがってた洋服屋さんがあるんですけど、ソコが凄いギャル服なお店で
店員さんの見た目が怖いー( ̄∇ ̄;)って、娘も私も入れなかったお店に
ふらりと入ってみました(笑 結構値段もリーズナブルだったんで、
シャツとキャミがセットになった物を買おうと、レジを見たら店員さんが居ない。
あ!居た居た♪って近付いて良く見たらマネキンでした(爆)
そんな事を何回か繰り返し(;^_^A 見つけた店員さんが、やっぱマネキンみたいだったぉ
そして「コレ下さい」ってレジまでついて行ったら、
レジがお立ち台みたいになってて、客より上になってんの(爆)
なんで店員さんが、上から目線?みたいな(笑
ゆーっくり洋服を畳む指の、マニキュアが凄いなーって見惚れ(;^_^A
商品貰おうとしたら、さっきまでお立ち台に上がってた店員さんが
「お店の外までお持ちします。」だって(爆 
お店の外まで何となく手持ちぶたさで歩いて、商品受け取って帰ってきました。

何だか、今の接客って面白いんだな~って( ´艸`)
でもギャルな店員さんが、決してどうこうではないんですよ(;^_^A
前にも、たまたま入った違うお店で、娘の洋服一緒に買った時も、
凄く丁寧に接客してくださった方が居て、そのプロ意識に感動しました
うーむ。しかし・・このまま娘はギャルへと向かうのだろうか(;^_^A
同じ血なのに、母とはまったく趣味趣向が違うのであった(笑
今夜は明日返す予定の「マリー・アントワネット」観なきゃ 起きてられるかな・・(-Ⅱ-;)

02/03

凄く楽しみにしていた『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
やっとこさ観てきました。うん・・面白かった私は(笑

映画の癖にっていったら変だけど、夢も希望もない作品なのね(笑
あ、別に嫌な意味じゃなくて(;^_^A ホントに純粋な?復讐劇でした。

映像自体は凄~く私好み(笑)ティムバートンの使うダークな色合いとか、
ダークながらに美しい衣装とか。そのゴシック加減に、目を輝かせて観てました。

ジョニーディップが、哀しみのあまり人間の心を持たない復讐の鬼。
もう最後は、悪魔みたいになってましたね~
ミュージカルだとは知ってたけど、殆ど全編に亘って歌うとは思わなんだ(笑
思ってたより、ミュージカル仕立ては嫌じゃなかったけど・・・
ジョニーディップも、歌が凄く上手いし
しししかし(;^_^A 観終わった後に、軽く疲労感が(爆)
ミュージカルだから、ずーっと声張って歌うの聴いてるから?それでかな(;^_^A

最後の悲しい結末に、少しだけ
結局は「復讐には復讐が還って来る。」って事なのでしょうか・・
人を妬んだり 恨んだりしても。ソコから生まれて来るものに
ろくな事は起きないもんね。最後に残るのは、きっと虚しさだけ。

鮮血やグロイ場面もあったけど、時たまコミカルだし(笑
噴きだしちゃう場面なんかもあり 私的には映像に凄く楽しめた作品でした♪

ところで映画観て買い物して、夜の献立をパスタにしたんですけど・・・
ひき肉がたっぷり入ったボロネーゼのソースを、ヘラでかき混ぜながら
グツグツ煮込んでたら ふと、ミートパイ思い出しちゃった( ̄∇ ̄;)
映画を観た人は、想像してみましょう(爆)←イケズ

01/14

今朝、起きると外が明るくて、カーテンを開けたら薄っすらと雪が積ってました。
道路では、そのほんの少しの雪をかき集めては、雪だるまを作ったり
半分、無理やり(笑)ソリに乗って引っぱって貰う子ども達なんかもいて
そんな光景を見てたら子ども達は、どんなに雪を心待ちにしていたんだろうかと。
もちろん、わが家の息子も同様、映画館に行くバス停に着くあいだスキップ♪
雪をかき集めては、大喜び!「この子ったら、頭が可笑しくなったんじゃ」・・・
までとは、いかなかったけどね(笑)
残念ながら、雪は直ぐに溶けてしまいました。。

「earth アース」観てきました。
私は観て凄く良かったです!一体どうやって撮影したんだろう!!
さすが撮影に5年を費やしただけあって、本当に凄い~って感じ。
ドキュメンタリーが嫌いじゃない方には、是非お勧めします!
観て欲しくて、無理に連れてった少2の息子も退屈かな~(;^_^A って
思ったけど、終わったら凄く面白かった!って言ってました。
象が泳ぐ姿を水中から観るなんて、中々ないよね?(笑)
ちゃんと犬かき?みたいに足でかいて泳いでましたよ。

北極を基点にして、渡辺 謙さんの声で紹介されていく感じの
ドキュメンタリー映画なんですけど、最初に登場するホッキョクグマの子供達が
もう!可愛いくて可愛くて(*´∀`*)ぬいぐるみ?思わず何処かに
チャックがあるんじゃないか?と(笑)思うほど、動きがホント可愛いの!
あと雛鳥が、巣穴から初めて外の世界に飛び出すところも可愛かった~
まだ羽もちゃんと生えて無い、ウブ毛の様な短い翼で木から落下。
ジタバタ ジタバタ 一生懸命空中でもがいてとどまろうとするところ。(笑)

海の中の世界ではザトウクジラの親子が、餌を求めて何千キロも荒れた海を横断。
海中の映像は神秘的で本当に美しいく…ため息がでます。
母親に寄り添う、クジラの赤ちゃんもまた可愛い(*´∀`*)



そして動物だけではなくて、自然の世界でも・・・太陽で温められた
海水から水蒸気が集まり、雲が作られていく瞬間とか・・・
枯れた大地に草木が芽吹く瞬間、砂漠に起こる砂嵐や・・
雪解け水が集まり大きな滝になって、乾いた大地に河が出来て
水で、どんどん満たされていく光景とか。
ヒマラヤ山脈の星空は、もう宇宙が直ぐそこに!ってくらいに星がたくさん!!(笑)
本当に普段の生活の中では、決して観る事の出来ない
自然界の驚異が観れます。

遙か50億年前に、巨大隕石が地球にぶつかり…
地球の自転が傾き、今の自転になったそうです。自転が移動した事によって
地球にあたる太陽の光が、生命を育むのに最適な環境を作りだし
地球にいる全ての生命。そして今、こうして私達人間も存在する訳で・・・
太陽系の中で、唯一生命が確認されてる星。
いろんな偶然が積み重なって生命が宿る星。
地球って本当に「奇跡の星」なんだなーって、改めて思いました。

物語は、餌を求めて氷の海を彷徨うホッキョクグマから始まり
最後も、そのホッキョクグマの行く末で終わります。
今は温暖化で北極の海の氷も溶けていくから、昔は歩いていけた海の上も
氷が割れるので、餌をみつけるのが大変らしいく。
2030年?頃には、ホッキョクグマは絶滅するかも知れないそうです。
確かに人間が温暖化を速め、自然の摂理がどんどん狂ってきてる
そして、オゾン層の破壊による強い紫外線や、異常気象などで
また人間もその裁きを受けている。「砂時計」の歌詞が身に沁みるね。

神の裁きまで 答えは掌に流れる砂時計
最初から判っていた 尽きない欲望を全て手に入れたなら
終わることのない悲しみ繰り返し 全てを失うのさ (砂時計 tetsu)


「今、我々が地球に出来る事を、少しずつ考えていきましょう」
ナレーション役の渡辺 謙さんが、最後にそんな風に言ってました。

壮大な自然界の美しさ。その自然界の中で日々
生き抜くこと自体が大変な、動物達の壮絶な死闘を目の当たりにすると
改めて私達人間は、ただ息をして生きてるんじゃない、自然界の恩恵の力で
「生かされてる」んだな・・・と思いました。

この美しい・・奇跡の星の上で






トップへ | 

最近の記事

プロフィール

HYDE

L'Arc~en~Ciel

最近のコメント

カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。